美容整形のアゴ削りに関するお役立ち情報

顎を削る手術の注意点と術後のダウンタイム

顎が長い、顎の形が美しくないというような顎部分の悩みは同じでも、人によって顎の骨がただ単に長いだけなのか、顎骨が前方に突き出してしまっている骨格なのかなどの異なる症状によって、これらの方法は使い分けられます。
もちろん患者となる人の希望要望も非常に大切で、施術後、どのような顔に生まれ変わりたいのかもきちんと考慮されるので安心です。
ちなみに、長いアゴが相手にどんな印象を与えるのかというと、「口が尖った魚みたいな顔」というような印象を与えてしまいます。
逆にすっきりした顎は他人に対して女性らしい印象を与えてくれるものです。
つまり、自分の横顔に対してこのような印象を持ってしまっていて自信が持てないという人には、アゴ削りの施術は適している可能性が大ということになります。
とはいえ、アゴ削りは簡単に「やろう!」と決意できるようなものでもありませんから、事前に知識として術後の注意点も知っておくと良いでしょう。
把握できる範囲のことをきちんと知った上で施術を受けるかどうか決めれば、後悔のない選択となるはずです。
術後は検診が術後1日目から3日目の間に一度行われます。
1週間後・1ヵ月後など徐々に間隔をあけつつ、定期的かつ状態に応じて診察を重ねていくのが基本です。
抜糸については溶ける糸が使用されることが多いので必要ありません。
術後は腫れやむくみ防止のために、最低3日間は圧迫固定を行いますから、お仕事をしている人はお休みをもらっておいた方が良いかも知れません。
切開を行う施術ですから腫れはあります。
しかしこの腫れも上顎部の腫れが2週間くらいなので、長期間にわたって悩まされることはまずないと言えるでしょう。
これを早く抑えるためにも、フェイスバンドでの圧迫が必須となります。
唇の腫れは徐々に消失していきますし、内出血もまれに出る場合はあるものの、1〜2週間程度で消失しますから心配は不要です。

顎が決め手になる横顔美人顎を削る手術の注意点と術後のダウンタイムカウンセリングで正しい手術の情報を集めましょう